目の前にあるものほど、なかなか見えない

「モリンガ茶を飲み始めたら、とっても寝つきがいいのよね~」と機織りの先生がおっしゃる
モリンガ? 何ですか~?
「健康にいいって最近沖縄本島で流行ってるのよ。すごく大きな木らしいの」

というので調べてみると…あーっ、これ、畑でKさんが植えているあの木では?
前に「この木の葉っぱも食べられるんだよ~」とは聞いたけど、Kさんとはめったに会えないので
名前を聞きそびれていたのだった。Kさんに電話して聞いてみると、「モリンガですー」 ビンゴ♪
ひさしぶりに近くでよく見たら、この1年で2倍以上の高さに成長していてびっくりした
f0205857_11431433.jpg

モリンガはインド原産の熱帯早生樹。樹高10mほどにまでなる落葉高木で、日本名はワサビノキ。
わさびに似た香味があることから名付けられたというけれど、
わさび~? ぜんぜんわさびの香りなんかしないけどなぁ?
f0205857_13304489.jpg

日本語のページで検索するとモリンガ粒とかモリンガ粉末、モリンガ茶など健康食品の広告ページばかりがヒットしてなかなか全体像が見えなかったけれど、モリンガの木をアフリカの貧困地域へ贈る活動をしているアメリカのNGO Trees for Life のウェブサイトページ Moringa Tree にとてもわかりやすくまとめられていた。それによると
f0205857_1494792.jpg

インドや東南アジアでは古来より食用、薬用にとして利用され、
アーユルヴェーダでは「300の病を防ぐ木」と伝えられている。
葉や実は市場で売られていて、庭にモリンガの木を植えている家も多い。
花や根も薬用として使われ、実は水の浄化にも利用できるマルチパーパスツリー。
栄養価はばつぐんに豊富で、ビタミンCはオレンジの7倍、ビタミンAはにんじんの4倍、カルシウムは牛乳の4倍、カリウムはバナナの3倍、たんぱく質(プロテイン)はヨーグルトの2倍、その他ビタミンB1B2B3、亜鉛、アミノ酸、ギャバなど、約90種類もの栄養素が確認されている。
食糧不足と栄養不良に瀕している国では、多くの命を救う奇跡の木として期待されている…というのです。

寒さに弱いため日本には自生せず、唯一沖縄で露地栽培が可能。
ここ数年、沖縄本島にたくさんのモリンガ農園ができ、商品化されて広まってきたらしい。

「採っていっていいですよ~」とkさんがいってくれたので、ありがたく葉を摘ませていただいた。
f0205857_14445446.jpg

そのまま食べてみると、ぜんぜんクセがなく、かすかにりんごに似た味がするような?
玉ねぎ、焼きなす、トマト、アセロラの実といっしょにサラダにしてみた。うん、おいしー(^o^)
f0205857_1447549.jpg

お湯をそそいでフレッシュハーブティーにすると?
f0205857_14481011.jpg

とっても優しい味で飲みやす~い

こんなすごい木が、すぐ目の前に植わっていたんだわ~
もっと早く、ひとこと名前を聞いて調べていれば。
Tree for Life の作ったpdf Moringa Book の冒頭に掲げられたゲーテの言葉

“The hardest thing to see is what is in front of your eyes.” - Goethe

目の前にあるものほど、なかなか見えない。もう、そのものだったよ~(>_<)
[PR]
by fromishigaki | 2010-09-10 15:47 | vegetable garden

自然と暮らし、旅の記録


by fromishigaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30