野草摘みハイ

天気予報とにらめっこして、「今日行こ!」と野草酵素のための採集へ
いつも摘む野草は全種類、写真も撮っておこうと思うのだけど
f0205857_11344734.jpg

いきいきとオーラを放っている新芽に出合うたび
f0205857_11352673.jpg

もう夢中で摘んでしまう
それでなくても花や虫たちが手招きするのだ
フサナリツルナスビの鮮やかなむらさきや
f0205857_11394059.jpg

花の直径2cmと、ちっちゃなトケイソウ
f0205857_11395527.jpg

オキナワアズチグモに捕食されたイシガケチョウに
f0205857_13181186.jpg

なにやらつるんでいるナナホシキンカメムシ
f0205857_13213953.jpg

浜に出ればシロバナミヤコグサが満開で
f0205857_13222840.jpg

ミルスベリヒユもぴかぴかだし
f0205857_1323761.jpg

潮だまりでのんきにしているカニをからかったりなんかしていると
f0205857_13244448.jpg

どんどん時間がたってしまう
f0205857_1404220.jpg

5時の鐘を聞いてからあわてて車を走らせ於茂登岳のふもとへ
f0205857_1326543.jpg

ここでシダ類や樹木の新芽も摘んで
原野、海岸、森とそれぞれの環境で生きる種々雑多な植物の新芽、あわせて1.6kgを採集

野草酵素をつくるという目的で行くと、心がそこに集中しているので
とても当たり前に、植物の放つ「気」を感じる
虫のように新芽から新芽へと呼ばれるままに引き寄せられ
つぎつぎとその生命力にふれていると、
大いなる幸福感のようなものがどんどんあふれてきてハイになる
これでもう、作業は半分終わったようなもの
仕込みが終わるとほっとするー
[PR]
by fromishigaki | 2012-03-16 14:06 | wild plants

自然と暮らし、旅の記録


by fromishigaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30