カテゴリ:mountain( 7 )

安良越路

イノシシの猟期も終わったはず…の快晴夏日の日曜日、安良越路を歩いてきた
明石から入って牧場を抜け、風葬墓を過ぎてちょっと行くと山道の入口
草ぼうぼうのこともけっこうあるけど、今日はトラクターか何かが通ったらしく深い轍が。
f0205857_22462721.jpg

山並みが少し低くなったところを東西に横断。少し登ると人がひとり通れる程度の山道になった
多少倒木があるものの、全体的にはこざっぱりした森のなか
目印のカラーテープが巻かれ、下木も払われていたりして、最近整備したばかりな様子
おかげで気持ちのいい緑陰歩きを楽しめました
f0205857_2121514.jpg

あちこちにギランイヌビワなどの大木がそびえる巨樹の道
木々の間から海が見え始めると…
f0205857_212404.jpg

そこはもういちばん高いところのようで、開けた林にひもが渡してあり
f0205857_2126117.jpg

見事な板根が広がって…
f0205857_21264880.jpg

木漏れ日きらきらー
f0205857_21435520.jpg

野生のウリ? とかキノコとか
f0205857_21443710.jpg

平久保側では途中ロープを伝うような急なところもあったけど、全体的に起伏は緩やか
1時間ほどで反対側へ抜けました。イノシシよけ(?)の金網の向こうは牧草地、そして平久保の集落
f0205857_22464924.jpg

木陰に座って大福もちとお茶で一息。さて、車の置いてある反対側まで戻らなくては(^^;)
愛しいひと会いたさにこの道を越える苦労を歌った「くいへー節」が偲ばれました…
ひとりで歩くのはさぞかし不安だったはず…

東側に戻り、安良川を海まで下ってみる。赤さびタンクったら、大分海のほうに流されてしまったみたい
f0205857_21542743.jpg

ハマボッスのお花畑にたくさん蝶が舞っていました
f0205857_21551065.jpg


このときズボンのすそに点々と赤い染みがあるのを発見
[PR]
by fromishigaki | 2011-03-01 22:50 | mountain

やっぱり一分咲き

そろそろかな~、と荒川のヒカンザクラを見にいった
f0205857_13335091.jpg

空気がゆるんで気持ちがいい
f0205857_1344568.jpg

つわぶきはちょうど見頃だったけど
f0205857_1345640.jpg

桜はやっぱり一分咲きだった…4~5輪だけほころんで後はつぼみ
f0205857_13455637.jpg

ほんの少し登るだけでも、ふもとより遅いのよね
f0205857_1346291.jpg

日差しのなか、滝を見ていると夏のようだ
f0205857_1347346.jpg

泳ぐのもいるし
f0205857_1347396.jpg

[PR]
by fromishigaki | 2011-01-25 13:49 | mountain

12月の屋良部

今日は南東の風、開け放した窓から入ってくる5月のような空気に誘われて屋良部岳に登った
f0205857_22372871.jpg

てっぺんで紅茶と、三時のおやつ。
何年ふりかにチョコのかかった生クリーム入りのコロネをたべちゃった
昼から目指せる頂上は気軽。でも、もう少し高い山があったらなー
ほとんど散歩の山コース
リュウキュウツチトリモチがあちこちで顔を出していた
f0205857_22393665.jpg

下りはなんだか瞑想状態で…
f0205857_22504143.jpg

心の奥にしまわれていたある想いがひょっこり顔を出してきて、意外だったけどうれしかった
f0205857_2250324.jpg

ふもとの草むらには、12月のスミレ
[PR]
by fromishigaki | 2010-12-12 22:55 | mountain

夕方のお茶をしに

どんより曇り空の下、カラ岳にのぼった
f0205857_1134495.jpg

もう誰も登る人がいないのかな、上の道も草ぼうぼう
f0205857_116654.jpg

倒れた草の上に座って、熱い紅茶を飲んだ
長く降り続いた大雨のあと。新空港はあちこち池になっていた
[PR]
by fromishigaki | 2010-11-02 11:11 | mountain

初秋の於茂登岳

山が恋しくなって、ひさびさに登ってきました。於茂登岳
台風の後で下草が払われたせいか、今まで目立たなかった石積みが
f0205857_20144741.jpg

なかは丸くくりぬいた壕のようです。畳六畳くらい
f0205857_20342870.jpg

錆び付いたフックに
f0205857_20345674.jpg

まん丸の窓
f0205857_20351538.jpg

近くの水場も石を積んで足場にしていますね
f0205857_2036653.jpg

ここでどんなふうに過ごしていたのでしょうか

1cmくらいの小さなピンクの花があちこちで咲いていました
f0205857_20374928.jpg

さすがにまだちょっと暑かったけど、にわか雨シャワーでクールダウン
濡れた服のまま頂上で風に吹かれるとさむいくらい
やっとお日さまがでました~ ジョンのお気に入りの場所
f0205857_20411365.jpg

テレビ塔の裏にまわると眺めがいいです
f0205857_20422240.jpg

おかしな格好のヤエヤママルヤスデ
f0205857_20461182.jpg

産毛でけばけばのシダの新芽…
f0205857_20464848.jpg

山を歩いていると、どうしてこんなにナチュラルハイな気分になれるのでしょ~?
[PR]
by fromishigaki | 2010-10-04 19:32 | mountain

やらぶ

空気が澄んでいるので急に思い立って屋良部岳へ。突き出ているのは御願崎
f0205857_9155875.jpg

川平を臨み
f0205857_9175086.jpg

街と竹富島も、ぜんぶ見える。風がさらりとしていて気持ちがいい~
f0205857_9182546.jpg

はめ殺しちゃったがじゅまる
f0205857_9252942.jpg

森のなかは守られている感じがしてほっとします
f0205857_927725.jpg

麓のほうではリュウキュウバライチゴの実。まだかたいもののほうが多いけど…
もう熟れてるのもあって、いくつか食べちゃった
f0205857_9282456.jpg

キキョウランもあちこちに咲いていました
f0205857_9301675.jpg

さて、伐採された後のアプローチの部分
2007年11月はパイオニア植物が膝丈くらいだった↓
f0205857_2233277.jpg

2009年1月はやっと背丈くらいだったのに~↓
f0205857_2241438.jpg

今回はどうなっていたかというと
もう見上げるほどの高さで鬱蒼としています。木の幹も太くなってるし!
f0205857_2221341.jpg


立ち枯れた松のまわりも変わっていました
f0205857_2255460.jpg

2007年は赤土の上に松ぼっくりが落ちてるだけ↓
f0205857_2265193.jpg

その松ぼっくりから芽が出たのでしょうか? たくさん松の若木が伸びていました
f0205857_228645.jpg

石垣の植物の成長って…やっぱりハンパないかも。頼もしいぞ
[PR]
by fromishigaki | 2010-03-27 22:14 | mountain

テッポウユリ咲くと

ここに来たくなります…カラ岳。なだらかな二子山です。
f0205857_959389.jpg

山腹にはテッポウユリがいっぱい~
f0205857_1004271.jpg

見事でしょ~
f0205857_1013767.jpg

かわいいツルソバや
f0205857_102558.jpg

キキョウラン(といってもユリ科)もあちこちで咲いています。
f0205857_1055184.jpg

日当たりのいいコルにはテリハノイバラ。大きな花をひとつずつ。
f0205857_10121483.jpg

新空港の全貌が見えてきました。
f0205857_10132112.jpg

もう後戻りはできませんね…
f0205857_10135735.jpg

海に近いほうの山頂も、刈り払われて古タオルの旗が
f0205857_10151369.jpg

ススキの根元にはナンバンギセルがたくさん咲いていました。
f0205857_10155942.jpg

あんまり下からのぞきこむのもぶしつけかしら?
f0205857_1016508.jpg

それにしても、あんまり暑くて降参です…テッポウユリ、つよいなぁ~
f0205857_1019350.jpg

[PR]
by fromishigaki | 2009-04-12 21:54 | mountain

自然と暮らし、旅の記録


by fromishigaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30