<   2010年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ひと心地

明け方のスコールで、森もすこしうるおった。ふぅ~
f0205857_22504830.jpg

梅雨にあんまり雨が降らなくて「今年は干ばつになるよ」って島のひとが言ってたけど
台風もやっと2号、それも西に行っちゃいそうだし。
[PR]
by fromishigaki | 2010-07-14 22:52 | insect
Day5:
世界遺産のガヴァルニ圏谷(シルク)にやってきました。氷河が削ったすり鉢状の丸い谷は落差3000m。
残雪のミルフィーユを期待していたのですが、雲がたれこめて下半分しか見えません(>_<)
寒いし雨だしでぐずぐずしていて、朝食に降りたのが10時頃
でもでも、お花はとりどり咲いていそうだし、シルクの真下まで行ってみましょう~
f0205857_1243156.jpg

村から川に沿ってなだらかな道
f0205857_1351373.jpg

雨に濡れてお花があざやかです
f0205857_11333570.jpg

丸い石橋Pont Binouleを渡り
f0205857_115250100.jpg

道沿いにはピンクの小花がいっぱいです~
f0205857_11562919.jpg

わんこ連れの人もけっこうみかけます
f0205857_11571897.jpg

百花繚乱、ハイになってきちゃいました~
f0205857_1131289.jpg

お母さんはひとやすみ中
f0205857_11595310.jpg

雲は晴れませんねー
f0205857_122345.jpg

羊の親子連れ、群れから離れちゃってちょっと不安そう
f0205857_12389.jpg

同じホテルに泊まっていた二人連れに会いました~
f0205857_1242429.jpg

バスク生まれのアイチベル(左)とカリフォルニア生まれのブライアン
ブライアンはサン・セバスチャンに3ヶ月滞在してスペイン語を勉強しているのだそう。
日本語をいくつか知っているのでわけを聞くと、オーストラリアに行ったとき沖縄の真珠の会社の男性
(コーイチさんとか)と知り合いになり、教えてもらったのだとか。
アイチベルは西仏国境近くのHondarribiaという町のお医者さん。
町を案内してくれるというし、いつかバスクにも行ってみたいなぁ~

ここまで来たら滝の真下まで。まだ雪がたくさん
f0205857_12453698.jpg

足元にはコイワカガミの仲間が
f0205857_12464535.jpg

落差1500m、大滝の真下はすごい飛沫でした~
f0205857_1247108.jpg

帰りもゆるゆる同じ道を帰ります。今から行く人もいるんですね~
f0205857_12503823.jpg

ちょっと下がるとまたお花畑
f0205857_1365213.jpg

マーガレットかわいいな
f0205857_125230100.jpg

馬で行くひともいますね~
f0205857_1259158.jpg

こちらは仕事帰りのお馬さんたち
f0205857_12594877.jpg

壮大なシルクは半分しか見えませんでしたが、たくさんのお花に会えた一日でした~
f0205857_1303283.jpg

[PR]
by fromishigaki | 2010-07-13 12:25 | '10ピレネー

泳ぎ釣り~

今日は大崎のリーフをのぞいてみましたが、まだまだ南西の風が強くて白ウサギはねまくり。
岬をまわってふたたび静かな御願崎へ。ちょうどおじいが漁からあがってきたところで
f0205857_134220100.jpg

えものはこれ、ベッコウという貝
f0205857_1344546.jpg

今日の日差しはぎらぎらなので
f0205857_13443385.jpg

岩の裂け目から下がよく見えます~
f0205857_1346599.jpg

泳ぐ前に淵から糸をたらしてリーフ釣り
f0205857_13453052.jpg

すぐにくいついてきちゃったのはベラ
f0205857_13472012.jpg

ここには小さいのしかいないので、リーフのへりへ移動
引き潮でちょうど魚のたまり場になっていて、普段は割と冷静なオジサンが入れ食いだし~
ベラの大きなやつも思わずぱくり
f0205857_13495226.jpg

沖のほうは深すぎて釣果はイマイチ。満ちてきたところの浅瀬でミーバイねらい。
私は手がかじかんできたので、浅場で温泉でした~
f0205857_13513414.jpg

夜はオリオンビアフェスト。今年はBENIちゃん
f0205857_1355059.jpg

後ろのほうで雰囲気だけ楽しみましたぁ~
f0205857_13583415.jpg

花火、ますます少ない。さみし~
f0205857_13592570.jpg

[PR]
by fromishigaki | 2010-07-11 22:38 | coral reef

大潮の御願崎

ガンちゃんが遊びに来て、今年初のスノーケリングに御願崎。大潮で引いてますー
f0205857_8345329.jpg

エダサンゴ元気
f0205857_836314.jpg

岩の裂け目からのぞくと青がキレイ
f0205857_8372818.jpg

ハギの群れ~
f0205857_8393612.jpg

棚田状のテーブルサンゴ
f0205857_8403657.jpg

色も形もちょっとずつ違ってそれが美しい~
f0205857_842525.jpg

今日はダイビング船4~5隻に、車も4~5台来ていて、混んでます
f0205857_8443212.jpg

潮が上げてきたら、ひんやり~
f0205857_8444844.jpg

年々海水を冷たく感じる度合いが増して来ているような?
お湯になった潮だまりに寝そべって温泉気分。はぁ~
[PR]
by fromishigaki | 2010-07-10 22:32 | coral reef
Day4:
Neovielleでの湖ハイクを予定…していたのですが、あいにくの雨
f0205857_22531713.jpg

Oredon湖畔から、いちおうレインウエアなど着て出てみたものの、さー、さむっ。まだ冬ですぅ…
お花も咲いてないし、視界も悪いしでハイクはとりやめ。
その先ののAubert湖まで車で行ってみました。一瞬霧が晴れ、明るくなったようにも見え
f0205857_2321863.jpg

湖の映り込みが美しい~
f0205857_2324873.jpg

Aubert湖畔、ますます荒涼とした雰囲気です…
f0205857_2334282.jpg

イギリスの湖水地方に来ちゃったよ~?
f0205857_2362946.jpg

今日はこのあと、ツール・ドフランスで有名なピレネー屈指のトゥルマレ峠を通るのにぃ~
もう、霧・霧・霧で、Aspin峠もなーんにも見えず。
でも、少し降りるとpayolleの美しい放牧地がありました。
f0205857_2313421.jpg

車と人が見えます。馬たちの様子を見ているみたい
f0205857_23134224.jpg

車に乗って走り去る人を、未練たらたらで見送る馬…
f0205857_23142012.jpg

「うーん。どう見てもロバの顔してるな」とジョーさん
f0205857_23145919.jpg

確かにー。横顔になるとますますロバ
f0205857_23152796.jpg

馬とロバの雑種ラバでした~。私たちから何も食べ物が出ないのでミラーをかじりだし、あわてて退散
今度はホントのロバです
f0205857_23191329.jpg

バゲットをあげているんですね。犬たちが賢い~。
お母さん、茶色いわんこを指さして「Babe,Babe」 まだ子犬でじゃれてばかり(^o^)
f0205857_23202698.jpg

いちばん冷静にロバたちを見て動いていたのは、いちばん左の犬でした(今も仕事中)
f0205857_23212860.jpg

おっと今度は牛さん…。どいてよー
f0205857_2326585.jpg

そしてまた霧のなか、くねくね道を登っていくと、見覚えのある自転車三人組がもくもくとペダルを踏んでいます
朝、ホテルLes Cimesのレストランに朝食をとりに寄った人たち!
けっこう年配のおじさんたちだったけど、体は鍛えている感じ~。
早くにLuchonを出てひと峠超え、朝食休憩しているところで、これからトゥルマレ峠を越えるのだと言ってました。
この肌寒い雨の中、えんえんとヒルクライムって…すごすぎるー
速度を落として通りすがりに窓から声援を送ると、すてきな笑顔が返ってきました。
自転車をこいでいる本人は、そのきつさが快感なのでしょうか。アドレナリン出まくりかなぁ?
この像の下まで登り切ったときは、ホントに気持ちいいのでしょう。
f0205857_23353690.jpg

筋肉フルフルかも。下りにそなえてカフェで体力回復ですね~
f0205857_23363944.jpg

[PR]
by fromishigaki | 2010-07-08 23:51 | '10ピレネー
Espotからアランの谷、Viellaの町を抜けてフランスに入り、今日の宿は峠道沿いの Les Cimes
クルマなのでスキーリゾートSt-Lary-Soulanは避け、近くで感じのいい宿はないかと探して出てきたのがここでした。Estaville村のすぐ上にあります。
f0205857_1841271.jpg

オーナーのChupin さんご夫妻は大の旅好き。
これまでにアフリカ、ガラパゴス、チリ、コスタリカ、タイ、ベトナム、カンボジア、中国など、
この20年間、毎年2ヶ月間は世界を旅行しているんだとか。
サロンはそのときインスパイアされた国のインテリアでデコレーション。今のブームは東洋です。
f0205857_18413473.jpg

ひらがな文字のクッションカバーが可笑し~。
「よく」とか「判る」とかいうフレーズがモチーフになっているんですね。
日本でもあやしい英字をデザインしたTシャツとか多いけど、きっと笑えるのも多いんだろうな~
ゲストルームもタイの部屋とか、アフリカの部屋、中国の部屋とかあるのだけど、
なぜか私たちの泊まった部屋はロマンチックの部屋(^^;) こてこてのハートモチーフでした。
f0205857_18292049.jpg

「今日のメニューはピレネーの名物料理、アヒルのシチューだよ♪」とウインク連発(^o^)のフレデリックさん
f0205857_18305329.jpg

にんじん、白インゲン豆、大根もとろとろでおいし~
f0205857_18392833.jpg

お庭もラブリー
f0205857_18454231.jpg

愛犬マヤちゃんはもう20歳なんですと! 
f0205857_18463224.jpg

そしてChupinさん、今年は10月から2ヶ月、日本を旅するそうです!
東京、箱根、金沢、高山、大阪、京都、高野山(ミシュラン三つ星で大人気)、淡路島、広島とまわるそう。
ユーロ安円高で「めっちゃ高くつきそうだ」とぼやいてました。いい旅になるといいですね~

しかーし。夕方から雨でぐんぐん冷えてきたのですが、すでにボイラーは落としたあとでヒーターはつかず。
バスタブもなくて、さむいさむい!
仕方なくヘアドライヤーの温風を浴びて暖をとり、ベッドにもぐりこみました~
[PR]
by fromishigaki | 2010-07-08 18:55 | '10ピレネー

夏野菜

留守の間ともだちが面倒をみてくれていたおかげで、からから天気にもかかわらず畑は元気
毎日ちょこちょこ収穫ですー
オクラの花ってばほんとにきれい。うっかり見逃すと一日で大きくなっちゃいます
f0205857_23153088.jpg

イタリアン・トマトのサン・マルツァーノ
f0205857_2319406.jpg

味、食感がキュウリに似たアカウリ。皮がオレンジ色になったら食べ頃で、サラダ、ぬか漬けおいしー
f0205857_23225583.jpg

この暑さにもかかわらず、レモン・ベルガモットがよく咲いてるし
f0205857_2333927.jpg

ベニバナもどんどん咲き出しました。染めるのに紅餅できるほどとれるかな
f0205857_2325495.jpg

ゴーヤの天敵、カメムシ キター
中の種が熟れ出したら汁を吸って枯らしてしまうので、早めに袋かけ&収穫で防戦
f0205857_23321884.jpg

黒くておなかはオレンジ色の水玉、後ろ脚が太くてトゲのあるこのひと、
ネット検索で一生懸命名前を探しているのですが見あたらず。
そーだ、図書館に行こうっと!
[PR]
by fromishigaki | 2010-07-07 23:33 | vegetable garden
Day3:
気を引き締めて、アイギストルテス国立公園のEspotへ向かいます。
というのもじつは前の日、一瞬真っ青になるひと幕が…。
エスタマリウの狭い狭い道をクリアして宿に着き、部屋のバスルームに入って水を流した後
パーカーのポケットから黒いモノが飛び出し、白い陶器のなかの渦へドボン…
車のキーだと気づいたのは3秒後でした(^^;)
目に見えるところにはもう、姿はなし。「うそでしょ」
ひとつしかないキーが下水管を流れ下る様子が目に浮かび、思わずクラッ ときたものの
あわてて手を突っ込んでみると…あったー!
落とし物対策のくぼみでもあったのでしょうか、とにかくそこにキーはありました。
水濡れで電子キーが終わっていたら? と心配しましたが、
バルコニーから車に向けてロック解除するとちゃんと作動。
思わず胸をなでおろし、またひとつ、旅の注意事項ができました。
※車のキーを開いたポケットに入れたまま、トイレに入らないこと!

D260は気持ちのいい高地ドライブ。
f0205857_2272852.jpg

展望台からSortの町が見えます
f0205857_2281847.jpg

のどか~、でもてんとうむしは忙しそう
f0205857_229681.jpg

Espotの町を過ぎ、自家用車で行かれる最後の駐車場 Plats des Pierrosから歩き始めます。
今日はハイク1日目なので、Estany de Sant Maurici (湖)までの軽めのコース。
Espotから湖まではジープタクシーが走っていますが、駐車場からは乗れないし
車道とは別のごきげんな道があります。
f0205857_22163116.jpg

川沿いの森のなかを行く、なだらかな道
f0205857_2217257.jpg

高い峰が見えてきました~
f0205857_22192919.jpg

足元には白と黄色のすみれ
f0205857_22322012.jpg

公園のなかは放牧されています。川に水を飲みに来ていた牛さん
f0205857_22331922.jpg

水辺もお花いっぱい
f0205857_22334918.jpg

変わった鳥がつがいで現れました~大きさは小型のカラスくらい
f0205857_22342530.jpg

2700mのEls Encantats (「魅了されたものたち」とでもいうのかな)が見えてきました。
f0205857_2275729.jpg

湖に到着ー
f0205857_22233658.jpg

ここから見るとEls Encantatsのかたちもハッキリ
伝説によると、聖者さまのお祭りの日に教会へ行かず、猟に出かけたふたりのハンターと犬が
美しい牡鹿に引き寄せられ、稲妻に打たれて石になってしまった山なのだとか。
f0205857_22314963.jpg

みんな木陰でピクニック。本格的なハイクはここまでジープタクシーで来て
ここからさらに奥へ行くコースがあるのですが、湖まで軽く歩きに来ているひとも多いですね~
f0205857_22335279.jpg

私としたことがうっかりお昼を持ってこなかったので、ひもじく折り返し…
この枯れ木ってば、動物みたい~
f0205857_2237276.jpg

牛さんにも木道は便利らしい
f0205857_22381399.jpg

町に戻って遅めのお昼にありつきました~ ウイングスティックとポテトサラダ
f0205857_2239686.jpg

スキーリゾートらしく、スキーチームの写真がいっぱい飾ってありました。
冬はまた大にぎわいなのでしょう
f0205857_2240857.jpg

[PR]
by fromishigaki | 2010-07-07 22:48 | '10ピレネー
今夜の宿はLa Seu d'Urgell から近いEstamariuという村にある
ツーリズモ・ルーラル、L'Era de Cal Bastida
f0205857_16573310.jpg

ツーリズモ・ルーラルというのは田舎の古い建物を改装した宿のこと。
石造りの建物は頑丈なので、外壁と骨格だけ残してあとは現代仕様に改造できちゃうんですね。
この宿はもと干し草小屋で、私たちの泊まった部屋は2階の左端。
バルコニーからの眺めもよくて快適~
f0205857_196297.jpg

宿で夕食を頼んだら「ホームメイドの料理だけどいい?」と聞かれ、ホントに素朴なメニューでした。
Alt Urgellの南斜面にあるこの小さな村も中世の雰囲気を色濃く残し
f0205857_1918188.jpg

細い路地で会うのは犬だけ…
f0205857_18374031.jpg

奥のほうからかすかに話し声が聞こえてきます
f0205857_1921503.jpg

宿までの道が細くて細くて車を通すのに冷や汗だし
f0205857_1971464.jpg

でもトゥールーズから来ていたご夫婦はもっと大きな車で通ってた!
f0205857_1840011.jpg

こんな袋小路に入っちゃったらたいへんです~

11世紀のロマネスク様式の教会がありました。
f0205857_1842821.jpg

ぽつんと離れて建っているわけを聞くと、大昔はこの教会のまわりにあった村が火事で焼け、
今の場所に移ったそうです…
f0205857_18453687.jpg

大きなさくらんぼの木を発見!庭ではなさそうだったので数粒いただいてから聞くと
 「誰のものでもないから大丈夫よ」といわれてほっ。おいしい~
f0205857_19111336.jpg

あちこちで大きな実が鈴なり、タイル工事のおにいちゃんもレジ袋いっぱいに摘んでおやつにしてました。
うらやましいな~
[PR]
by fromishigaki | 2010-07-06 21:47 | '10ピレネー

西日マジック

晴れてて暑~、でもやっぱり空気中に水蒸気が多い気がするー
f0205857_18175612.jpg

こんなものまで美しく見えてしまうのは、西日の陰影のせいね
f0205857_1821116.jpg

オオバナサルスベリ満開ですー
f0205857_18212134.jpg

[PR]
by fromishigaki | 2010-07-06 18:22 | daily